忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

滑沢材の進化

レジン系の素材の最終仕上げは、昔から研磨が良いと言われていますが、
これは素材そのものが信頼足り得るものであればそうかも知れません。

即時重合レジンなどは、その組成や密度を考えれば、表面に滑沢材などの処理をした方が良いと思われる場合もある訳です。

この滑沢材も性能を上げていけば、全てレジン系の素材の最終表面処理に使えるのではないでしょうかね?

車をどれだけ磨いても、表面の塗装レベル以上の輝きにはならないので、ポリマー加工やガラスコートを使って輝きを維持する事をしていますね。

口腔内環境や機能する事を考えると車とは一緒に出来ないですが、表面の滑沢材の性能が母材より高かったり接着能力が十分であったとすれば、それは使わない理由は少ないです。

材料が進化すれば、当然術式も常識も変わって来るので、その点には注意を払っておきたいものです。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ