忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

セルコンアートver,3.0

セルコンアートのソフトウエアがver,3.0にUPするそうです。
最近の他のCADソフトと同じように、アナトミカルな形態を生成させてから減算していく形でフレームが出来るとの事です。
これにより、適切な築盛スペースを持ったフレームが容易にデザイン出来る様になります。
又、将来登場するセルコンブレイン・エキスパートの制御も可能だと言う事です。
エキスパートは従来のモーターによる切削ではなくスムーズな回転をするタービンのような機構だそうで、より精度が高まると言われています。
現状のセルコンブレインは心持ち適合が緩い感じで、もう少しだけきつく出来れば良いと思います。

これからのCAD/CAMはより人間の感覚に近づく必要があると感じます。
巷には「アンダーカットがあるから出来ません」そう断られる症例も沢山あります。
今迄はどんなに努力しても削れなかった症例がありました。
なんとか無理をして削り、そのあげく「適合が・・・」とか「マージンが・・・」と何度と無くクレームを受けました。
断ってしまえば簡単なのです。「機械が出来ないと表示するので再形成して下さい」と。
しかし、「そこをなんとかなりませんか?」等の声についつい仏心を出し対応してイタイ目にあう。。そんな繰り返しでした。

しかし、これからは多少のアンダーカットにも対応し、多少の平行性の問題にも対応していくようなCAD/CAMでなくては生き残れないと思います。
ドクターも機械ではありませんから、全ての支台を平行に形成する事は難しいことです。いままでメインであった鋳造とかwax-upはなんとかそういった問題をクリアしてきた訳ですので、CAD/CAMも多少の融通を効かせる必要に迫られていると感じます。

とりあえずセルコンアートver,3.0を購入する予定でいます。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ