忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

インプラント模型



このところ本格的に忙しくて、棚の咬合器が不足しているような状態で。
特に大きな症例が多くミスの許されない状態ですが、今回はインプラントの模型の話など。

どうしても石膏は膨張がありますし、樹脂系は収縮があります。
大きな症例に一気に石膏を注ぐのはどうにも気が引けます。
模型作りに関してどれが間違っているとか、どうしなくてはならないという話ではないですが、考えうる中で一番良い選択をしたいと思うのが人情というもの。。。。

よくアナログ(レプリカ)にストローを立てて作業しているのを見かけますが、ストローは安定が悪いですし扱いづらいです。

弊社では上の写真の様に電気コード用の被覆管を使用しています。
これは様々な径のものが格安で売っているので便利ですし、厚手のビニールに適度な伸縮性があるので、アナログにピッタリとFitします。
厚手なので、外した後の隙間も適度で、流動性の良い樹脂系の素材も綺麗に流れます。



粘膜に沿う様にハサミでカットすればピッタリとFit!隙間も出来ませんから周りが硬化しても中のアナログはフリーのままです。


その後被覆管を外して、別の樹脂系素材を流しています。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ