忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

石膏でマウント

いろいろと咬合器への付着の仕方があるわけですが、まずはフェイスボウで上顎を石膏でマウントして、下顎をその後に付着する際、様々な低膨張の石膏を買ってみてあれこれと試しても、厳密に言えば石膏の膨張で微妙に位置関係が変わるのを感じます。

特に精度の高い咬合器を使えば使う程、石膏の膨張が気になりますね。
模型にしっかりと維持部を作ってマウントすると、より影響が出やすい感じもしますし、いろいろ試した中で、いつも安定したマウントが出来るのがこちらです。


下顎を付着する際、一枚のビニールをはさんでおいて、付着させない様にしています。
石膏が完全に硬化してから、ビニールを外して瞬間接着剤で留めるという方法が失敗なくマウント出来る様です。
輪ゴムや、グルーガンで留めて石膏の膨張を押さえ込もうとすると、必ずどこかに歪みがあるはずで、模型を外したり、水につけて洗ったりすれば寸法精度は既に怪しいです。

石膏の膨張は好きな様にさせてあげて、硬化が終わったら極わずかな隙間に接着剤を流す。
これも厳密に言えば接着剤の硬化時に変形があるはずですが、隙間はビニール1枚分ですし、結果は良い様です。

石膏と接着剤のハイブリッドマウント法です。←勝手に命名w
私の最近のお気に入りの方法です。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ