忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

ネット掲示板を見ていて

有名な所では2ちゃんねるでしょうか?
いろいろな評価がされていますが、私の意見は「あり」です。
もちろん殺人予告が書き込まれたり他人への誹謗中傷が無記名であるが故書き込まれている事も知っています。
しかし、ネットは特別な世界では無く実社会の縮図な訳です。
リアルな実社会でも良い人もいれば悪い人もいます。
それはネットの世界でも同じ事。取り立てて騒ぐ方がおかしいです。

さて、なぜこんなタイトルを取り上げたかと言いますと、2ちゃんねるの歯科技工関係のスレッドです。

たまに覗くだけで書き込みはしませんが、ほとんどの書き込みがマイナスの書き込みです。給料・残業・将来への不安・会社や歯科医師への不満などなど。。

これだけを見ているといかにも「やっぱりネットの掲示板なんて・・・」といわれそうですが、私はそこに書き込んでいる人たちの気持ちも良くわかります。
なぜならば、私自身も若い頃は低い給料で毎日夜中まで仕事をしていたからです。

簡単に徹夜とか睡眠時間2時間とか言いますが、いつ終わるともしれないそんな生活に怯え、苦しみ、周りの人への嫌悪感を募らせていくのです。大変つらい事です。
感受性の高い若い人ほどそうかもしれません。私はプライドが高かったので自分の現状に対してひどく荒れていた時期もあります。
その怒りや嘆きを今時は掲示板にぶつけている。そんな気持ちも良く分かります。

しかし、そこからどうするか?
「もう、やめたい」
「技工士をやめて転職をして良かった」
などなどの書き込みも多数あります。

ここからは私自身の話です。全て実話です。
20数年前の事です。
きっかけは会社の帰りに夜中の国道で大事故を起こし数ヶ月入院した事でした。
事故を起こした瞬間車の電気系統が一瞬で止まり、グシャッと前方から足下まで潰れました。しかし一番最初に頭に浮かんだのは「あぁ、これでやっと休める・・」という事です。
信じられますか?
車がスピンし大破し顔をハンドルに打ちつけ血だらけになって、そんな事を考えたのです。どれだけ精神的に追いつめられていたか、今考えてもゾッとします。
幸いムチウチ程度ですみましたが、一歩間違えれば死んでいた状況でそんな事を考えていたのです。

私は自分で自分を変える事から始めました。

まず、歯科技工の仕事は辞めない。
今の会社(勤め先)の夜中まで仕事をする体制を変えるよう努力する。
充分に修行したあと開業する。(10年勤めました)
そして自分がいやだなと思った事は自分のスタッフにはさせない。
全員で、今の問題点を変える意思を持つ集団として行動する様に努力する。

すると何かが変わってきました。
前向きの姿勢とそれに対する真摯な姿勢に必ず「ついてくる」ものがあるのです。

特に若い技工士さんに理解して頂きたい事です。
お金は追えば逃げていきます。
しかし、真摯な姿勢には後ろから何かが付いて来るはずです。
それはお金だけではなく、信頼だったり人だったり様々です。

きれい事ではなく自分自身の経験からの話です。
昔の友人に合うと「伊藤君は変わったよね〜」とよく言われます(笑)



PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

メッセージをどうぞ
  • from 田村勝美 :
  • 2010/04/09 (16:57) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ