忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

浸透させるもの・させないもの



浸透液に関してはいろいろと実験を繰り返しているのでひとつ言いたい事を。。
ジルコニアに浸透させる着色材の使い方が、正しく一般に伝わっていない様なので、書いておきます。
本当はメーカーが伝えるべき事なんですが・・・。

今現在、ホワイトのジルコニアというものは浸透液の使用対象です。
白いジルコニアにしみ込ませる事でカラーリングする訳で、それを前提に液の色調も作ってあります。

それに対して、カラージルコニアといって粉体の状態から着色材を混和されていてそれがブロックになっているタイプのものは通常浸透液を使いません。

上の写真はホワイトのジルコニアに浸透液を使用したものですが、浸透液にてカラーリングしたものは、厚みのある部分が透過光下で影が出来やすいです。
粒子間に浸透液の色素が入り込んでいるためかと思われます。
この写真でもポンティック部はかなり影が出来ていますね。

ところがカラージルコニアは粉体で均一に色素が混ぜてあるので厚みがあっても光が透過しやすいのです。


これは臼歯でかなり厚みがあるのですが、きれいに光が抜けていきます。
この特性を理解していれば、わざわざカラーリングしてあるジルコニアにあえて浸透液を使用する必要は無いという事がお分かりかと思います。

ご参考までに。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ