忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オープンシステムとか

今月、20日名古屋と 22日東京でオープンシステムのセミナーがある様ですね。
某名古屋の会社さんの主催の様です。弊社も数人出席します。
いろいろ知りたい事はありますが、教えて貰えるのかどうなのか?
まぁ、実際にやってみないと分からない部分もあるのが当然で、メーカーとしては不利な話はしないとは思いますが。。。

さて、オープンシステムと言えばファイル形式はSTLでしょうか。
Standard Triangulated Language、面を三角のメッシュの集まりで表現している形式ですね。
これもいろいろ見聞する所によると一筋縄では行かない様で。。
STL自体、3Dsysyems社の規格なので、3Dsysyems社の加工機にはベストマッチだと思うのですが、変換を余儀なくされる場合、精度落ちするとの話も多く聞きます。
変換の精度とかその割合も知りたいですね。


あとは、材料の問題ですね。
各メーカーとも、次の材料の開発に入っている訳です。
その材料のための加工機の相性やコスト、海外の情報も欲しい所です。

今年はIDSがありますので、なにかしか出て来るのではないかな?
日本にすんなり入って来るかどうかは別問題ですが。。。。




PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

オープンシステム

 もちろんミリングするためにはSTLをミリングソフトで変換する必要があります。この会社はWorkNC Dentalというフランス製のソフトを抱き合わせで売りたいようです。しかし世界の主流はHyperDentでこんなソフトは聞いたことがありません。
 今後は3Shapeを軸としたデジタル技工のネットワークが構築され、Lava, Cdent,IOS, Clon3D、Zfxなど口腔内スキャナーと連動しオープン化が推進されるでしょう。Dental Wings は消え去るでしょうし、日本はガラパゴス島です。あなたのように国内メーカーと仲良しさんは世界に取り残されます。
 
  • from 憐れな男 :
  • 2011/01/17 (13:26) :
  • Edit :
  • Res

コメントありがとうございます

こんにちは。コメントを頂きありがとうございます。

かなり早い時期からこのフランス製ソフトは知っておりましたが、なにぶんそれによる加工物を見た事がありませんので、今回のセミナーは楽しみに参加致します。

Zfxなどは特にインプラント関連に力を入れていますので、伸びるでしょうね。CAD/CAMとインプラントは作業の親和性が良いと思いますね。

私が国内メーカーと仲良しさんという意味は、良く分からないのですが(デンツプライさんの仕事をしたということかな?まぁ、どう取られても構わないですが。。)国内のメーカーがOPEN化に積極的で無い事は理解していますよ。このままではガラパゴスである事も私のブログに記してあるはずです。

ただし、私はCAD/CAMを使いたいのでもないし、世界標準に合わせるのが仕事なのではありません。
自分の気に入った様な補綴物が作れれば過程は何でも良いという事です。

機械もソフトも只の「手段」に過ぎないので、そんなものに命をかける様な気概は無いですね。
出来る限りの範囲では調べものをしていますし、海外のツテで情報は集まっています。知っている事を全部発表するつもりも無いです。

ということで、私は余り一直線の素直な人間では無いので、人様に心配される事も無いかと思いますw


  • from ていね社 :
  • 2011/01/17 (19:30) :
  • Edit :
  • Res

無題

オープンシステムのCADを手に入れれば遠隔地にあるCAMにデーターを飛ばしてあらゆる技工物を作らせることができます。ワンマンラボでも数百万の投資ですべての技工物を受注できます。技工士は設計や仕上げの部分に集中すればいいわけです。
日本のようにCAD/CAMのセット販売では元が取れません。価格もメーカーの言いなりです。
汎用性の高い世界標準のCADに乗っかれば発展性もあり価格も安いのは当然でしょう。
陶材についてお尋ねしたいのですが、カラーラやセラムコはどうなんでしょうか?メタルにプレスしたり、削りだした物を接着するシステムもあるようですが。
  • from 憐れな男 :
  • 2011/01/18 (17:32) :
  • Edit :
  • Res

無題

こんにちは。
世界標準に乗る利点は、おっしゃる通りですね。

既に、セルコンも海外では3shapeのスキャナーとソフトが出ていますが、国内では販売されていません。それはオープンシステムだからです。
と、言いますか現行のセルコン・アイというスキャナーもOEM品ですので、オープンシステムとして使えます。但し、現在のソフトは専用形式.artにてファイルの管理をしているので、現行ソフトではオープンシステムとして機能しません。
この状態を国内では維持したい様なのですが、ユーザーがそれで今後満足するかは大変疑問です。

ブログにも書きました様に、海外でオープンシステムで仕事をしている人間に聞く範囲では、機種の相性がかなり差があり、共通ファイルといっても善し悪しがあるということです。アメリカなどでは格安のジルコニアフレーム加工業者が多数いますが、安い業者は全然クオリティーのクリアが出来ないと言っておりました。

値段や機材投資を考えれば、センター方式の利点も当然ですが、私は自分でいじりたい部分もあるので、どちらも使用するつもりです。経営環境がそれを許す範囲で。オープンのシステムもいずれ導入するでしょう。ただ、もう少し様子を見ているのが現在です。

セラムコのプレス素材ですが、pressPFZやceramco icが発売されていますね。
セラムコはデンツプライの商品ですが、国内では白水貿易の取り扱いなので、白水さんが今後VITAを扱う事を考えますと、なかなか難しい立場になるかもしれないですねぇ。
  • from ていね社 :
  • 2011/01/19 (08:45) :
  • Edit :
  • Res

歯科技工新時代

シロナでさえもIn labは3Shapeと提携しました。アバットメントを作るためです。
国内ではたとえオープンのスキャナーを導入しても、受けてくれる所がありません。部品メーカーには高性能なCAMがありますが薬事法と技工士法の障壁があり邪魔されます。
Colon3DのIODISというデジタル印象装置はUSBでパソコンと繋ぐだけです。印象データーを3Shapeで設計し海外のCAMへ・・・・模型と半完成品を作ってもらって日本で仕上げ。
  • from 憐れな男 :
  • 2011/01/19 (13:24) :
  • Edit :
  • Res

薬事法

日本の薬事法には本当に泣かされますね。

良い海外商品を素直に使う事が出来ないのは、巡り巡って国民の為にならないと思いますしね。

3shape社がアジアの拠点を日本では無く上海にしたのも、仕方ないのかもしれません。

海外の情報を知れば知る程、悔しい思いをされている技工士さんも多いのでしょう。
  • from ていね社 :
  • 2011/01/20 (12:31) :
  • Edit :
  • Res

薬事法

歯科の薬事法は国民ではなく業界を守るためにあるのですから。内外価格差や日本を型遅れ品の在庫整理の場にされているのを容認してきた我々が悪いと思います。
  • from 憐れな男 :
  • 2011/01/21 (07:59) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ