忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

あると便利な



最近は耐火模型を製作してラミネートベニアを作る事が減りました。
リスクを考えると耐火模型方式はなかなか厳しいのです。

耐火模型の色調により、完成して外すまで、最終的な正確な色調確認が出来ません。
また、一度外してしまうと、修正することが難しい。
色調の変更や形態の変更でも大抵の場合、最初からやり直していました。
1回再製作すれば、2本作って1本分のお値段。。。要するに半額で作っている事になります。
この苦労がチェアサイドに届いていない場合が多くて、「セット前にホワイトニングする事にしたので、色を変更して下さい」とかムチャな要求が多くて頭を抱えることが多かった様に思います。

当然形態の修正やコンタクトの修正もなかなか難しかったのです。
アドメイト等低温で焼成出来る陶材でなんとかしていましたが、それも限界がありますね。
上記の話はポーセレンインレーも全く同じです。
強度的にもたいした事が無いので、ハセツもそれなりに多いですし、あまり積極的にやりたい仕事ではありませんでしたね。

しかし、e.maxのHTを使用する様になって非常に安定してこれらの仕事が出来る様になりました。
e.maxHTで薄いフレームを作り、陶材を築盛します。
こうすると、修正も出来ますし、色調変更もある範囲の中では可能です。
自分の中では、かつての「ダイコア」の様な感覚で扱えるので大変使いやすいのです。

上記の写真はトリモチ状のホルダーです。あるとなかなか便利。
イボクラさんの取り扱いです。
弊社ではe.maxインレーには必須になっています。
しかし、これと同じような形状・機能の耳掃除用品がドラッグストアーでも売っています(笑)


こちらのジェルはe.maxでラミネートベニアを作る場合必須です。山本貴金属さんの扱いです。
支台との間にこのジェルを介在させれば、安定して築盛出来ます。
付着したまま焼成してしまっても、全く問題無い素材です。

両商品ともあると便利ですし、たいした値段で無いのでおすすめですよ。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ