忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やはり、ダメでしょ。



インプラントに関するパーツや器具の再利用に関しては、インプラントメーカーにより様々な解釈がありますね。

私たちが模型を作る時に必要なアナログ(インプラントレプリカ)はほとんどのメーカーが単回の使用を標準としています。
しかし、「チタン製なので繰り返し使えます」とマニュアルに記してあるメーカーも一部あります。

無制限に、繰り返し使うとどうなるか?
上記の写真の様になりますね。拡大してみると絶望的な気持ちになります。

これではまともな適合はしません。努力とか根性とかではなく、新品のアナログを使う事、それだけです。ジョイントさせる新品のアバットメントも傷が付いてしまい精度が落ちます。

まぁ、百歩譲って繰り返し使うとしたら、限度を決めなくては絶対に上手く無いです。最高2回だけとか。。。しかも、しっかりと全体をスコープで確認しての話です。

使用中に傷が付くのももちろん、スクリュー締結時の応力による歪みや、技工作業時の応力による歪み、そして歯科医院にて無知なスタッフの鉗子による石膏の分解による掘り出しによって、悲惨な状態で技工所に届く場合があります。

アナログの使い回しの問題は歯科雑誌等であまり取り上げられませんね。マスメディアってそんなものです。

こういった事で困っている技工士さんは多いはずなんですけどね?

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ