忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ついていくのか?

最近歯科の雑誌をめくると、次から次へと新しい素材や機材が満載で、いろいろ理解するのが大変ですね。
まぁ、自分が理解するのはまだ良いとして、それをスタッフに伝えるとか歯科医師に伝えていくのはなかなか難しい作業です。

こうして登場した新機軸の技術も、パッとせずに消えていく事も多いわけで、理解した上で、自分にとって必要なのかどうかをじっくり考えなくてはなりません。

もう、デジタルは追いかけないとか、俺には関係ないと割り切っている人も多いですが、自分の感覚からいえば、ついていけなくなったら、そこが投了の様な気がします。

時代は必ず変わるし、変わる原動力になる大きな力は、素材や機材の開発と無縁では無いですね。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

現状維持と言うと安定してるように思えますが、全然安定してませんね。
新しいものについていかないとこれからは厳しいとおもいますが。
  • from NONAME :
  • 2015/11/11 (09:14) :
  • Edit :
  • Res

無題

歯科のデジタル化は避けては通れないと思いますし、歯科技工士の仕事はなくなりませんよ。
この前、〇〇〇〇バイオ〇〇のバカ営業マンが来てノリタケと組んだからスキャナー買ってくれときましたが、コーピングの価格表も持ってこないで本当バカですね、1時間もくそ話しに付き合わされました。
たのむからもう来ないでれ。
センターの時代はそろそろ終わりでわ。
  • from NONAME :
  • 2015/11/11 (11:05) :
  • Edit :
  • Res

無題

このデジタル化をどう捉えるか?という話ですが、せっかくの大きな転換点なので、物事が良くなる方向に進めたいものです。

デジタル化する事によって、品質が安定したり、製作工程が楽になったりとメリットも出ますが、それを廉価にしていく手段とするのは反対です。
結果的にコストダウン出来る部分は、価格ではなく品質の向上のために充てる様にするべきかと思います。

目先の事しか考えられない人も多いですが、もっと先を見て物事を選択していかなくてはならないですね。
  • from ていね社 :
  • 2015/11/11 (16:04) :
  • Edit :
  • Res

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ