忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

後処理



シミュレーションデータからサージカルガイドを生成して出力するのは、切削が良いのか3Dプリンタが良いのか、なかなか迷うところでもありますね。

画像は切削し終わったところですが、切削時間も二時間程度、なかなか良い感じかと思います。
(サージカルガイドとしてはこの様にフルアーチにした方が安定は良いのですが、この半分程度のサイズにしないと削りっ放しでは模型に正確に戻りません。そのくらいのシビアさが必要なガイドなので。これは試験切削です)

同じサイズをちょっとした3Dプリンタで製作すると3〜5時間かかりますか?
まぁ、生成方式の違いや機器の能力も違うので、一概には言えませんが、3Dプリンタは時間がかかるイメージです。

それ以上に後処理の手間の差が大きくて、切削の場合切り屑を集塵しから製作物を切り離し研磨するだけですが、3Dプリンタはサポートをたくさん付けますのでその処理が結構な手間です。
ものによっては水で洗い落とせるものもありますが、ウォータージェットを使用するものやイソプロピルアルコール等の溶剤を使用して処理するものなど、どちらにしてもそれなりに時間がかかりますね。

使い分けができればそれに越したことはありませんが、3Dプリンタは後処理の手間のことも考えなくてはなりません。
どうも完成物が「コロッと」出来上がる様なイメージを持ってしまいますが、現実は完成物までの手間が結構かかるということです。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ