忍者ブログ

審美歯科技工所 ていね社のココロ

株式会社ていね社社長 伊藤彰英の歯科技工士日常ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時流

最近お若いドクターとの付き合いも増えて、話をしている時に自分の年齢を意識する事が多いです。
学校で学んでくる内容も年々変わっていますし、すると当然考え方も変わりますね。

私が学生の頃は咬合ブームでしたので、就職したばかりの頃は、PKトーマスマスターモデルと同じ形態を要求され、毎日毎日同じ形態をうんざりするほど製作していました。

もちろんナソロジーを理解するために大変役に立ちましたが、最近あまりPKトーマスマスターモデルを見かけませんね。
若いドクターでこの形態を知っている方は稀な様な気がします。

現在のナソロジーから見ると当時のPKトーマスマスターモデルは、咬合面の展開角も大きいですしエイジングも考えると、もう少し浅めの形態が好まれている様に思います。

まぁ、形態一つとっても時代の流れを感じざるを得ないわけで、全般を見渡すとひと昔ふた昔前に悪戦苦闘していた事が容易に可能になったり、正しいと言われていた事が間違っている事となったり、その変化の工程を理解していないと、⚪︎か×でしか判断できなくて苦しんでしまうかもしれません。

おじさんの存在意義は、そういった流れの中での変化を、若い人に説明したりする事なのかなぁーとも思います。
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

咬合と咬合面の形態の関係、グルーブの方向、偏心運動時に咬頭が抜けていく咬合面形態、、、、など今の若い人たちは意識してるのかなぁ〜??と思いますが、どうでしょう?
  • from 下町の職人 :
  • 2015/01/08 (09:34) :
  • Edit :
  • Res

無題

どうしても「格好」から入ってしまうのが若い人たちなので、なかなか理解してもらうのは難しいですね。
正直臼歯においては機能優先で良いかと思うのですが、雑誌等の影響であまりにも「リアル」を求めすぎる傾向がありますからねぇ。
  • from ていね社 :
  • 2015/01/08 (10:06) :
  • Edit :
  • Res

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
akihide ito
性別:
男性
職業:
歯科技工士
趣味:
音楽製作 将棋観戦 ワイン
自己紹介:

ブログ内検索

お天気情報

カウンター

フリーエリア

Copyright ©  -- 審美歯科技工所 ていね社のココロ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Didi01 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ